沖縄のおもしろ苗字

はいさい🙌

沖縄のポスティングといえば!地域の情報やさん”ポスティングBeeおきなわ” です♬

実はひっそりメルマガを始めていまして・・・

県外のお世話になっている業者様へ送っている「おきなわ情報」をおすそ分け♡

今回は『沖縄の珍苗字』

まずは私の名前、「親泊 おやどまり」と読みます。県外の方にはよく、

「相撲部屋みたいだね」と言われます。

一応嫁入り前の女子なので、このイカツイ苗字はあまり気に入っていません。

次に、「阿波根」こちらは「あはごん」と読みます。ちなみに、「手登根 てどこん」「比屋根 ひやごん」もおります。

県外の方には「ウルトラマンの怪物みたいだね」と言われます。

女性が結婚したくない苗字上位にランクインしているでしょう。←偏見

次は、「恩納」こちらは「おんな」と読みます。男でも「恩納さん」で若干のややこしさは否めません。

ちなみに、恩納村(おんなそん)には「伊武部 いんぶ」という地域があります。

「恩納の伊武部 おんなのいんぶ」となります。

次は、「運天」こちらは「うんてん」と読みます。助手席にいても「運天さん」です。

次は、「喜屋武」こちらは「きゃん」と読みます。ゴールデンボンバーの喜屋武さんは、沖縄のこの苗字の響きが好きで芸名にしたそうです。

次は、「仲村渠」こちらは「なかんだかり」と読みます。スマホでは変換されません。

ひらがなで書くと「なんだかんだ」に間違えやすいのでご注意です。

最後は「我謝」こちらは「がじゃ」と読みます。名前というよりは何かの効果音のような響きですね。

こちらも女性には人気がありません。←めっちゃ偏見

「南風原 はえばる」や「東風平 こちんだ」などまだまだございますが、今回はここまで!

沖縄の企業様とのお付き合いの際、お役立てくださいませ☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です